Search this site
岡山市 不動産会社 株式会社中古住宅センター 代表半田吉彦のブログ。不動産、経済、趣味のビジネス本の感想などを綴って行きたいと思います。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
連休最後に竜巻発生
 昨日今日の連休最後のニュースは竜巻の話題で持ちきりだった。

日本でここまでの局地的なハリケーンは前代未聞。映画さながらの被害だった。

この時期には珍しい寒冷な空気が日本の上空に舞い降りてきたことが主因。

映像では家が一軒まるごとなくなってる映像が。ショッキング。
夢のマイホームが一瞬で無くなってしまう。

住宅のビジネスを手掛ける我々としては今後の住宅の供給の考え方を変えていかなければならないようなニュースだった。

そんな暗いニュースが多い中、
さあ、
今日から連休を開け、がんばっていきましょう!
posted by hankichi | 10:44 | - | comments(0) | trackbacks(2) |
5月突入
 ゴールデンウィーク真っ只中。
昨年はこの時期震災の後だったため自粛ムードだった。
一転、今年は大型連休とあって、行楽に向かう人は多い。

5月に入ったが、なんといっても

東京スカイツリー開業が楽しみである。
テレビではその展望台が公開されているがその眺望は圧巻だ。

当面は大混雑が必至だが、何とかしていきたい。

もうひとつ5月に目玉と言えば
金環食。

日本ではあまり見られないこの天文学ショーは宇宙の壮大さを体感するまたとない機会。
これはわっかの程度に差はあれ、日本中で観測できるので見他方が良い。
もちろん太陽光グラスを購入は必須

ではよい連休を・・・・
posted by hankichi | 09:51 | - | comments(0) | trackbacks(3) |
現状維持は愚の骨頂 ユニクロ柳井正


 成長は一日で捨て去れ 柳井正

ユニクロ柳井正社長の書籍がこのたび文庫本で再リリースされた。

この内容で520円税別は超お得だ。中途半端な仕事術本や自己啓発などを買うくらいなら、この一冊。ぜひご一読を。

★★★

この本で一番強烈だったメッセージは

「現状維持は愚の骨頂」

安定志向こそ身を滅ぼす
まさに成長は一日で捨て去れ。

柳井正社長がユニクロでは泳がない人は不要だ。
ぷかぷかとただ浮いてるだけの人はこの会社に必要はない。

東京都内および近郊でいくつかの商業施設がオープンしたが、H&Mやフォーエバー21、今回初出店のアメリカンイーグルなどアジアを舞台に欧米の衣服の進出競争が激しい。

私、ユニクロ愛好家として黒船にはぜひ打ち勝っていただきたい。
そして、自分もこのメッセージを大事にさせていただきたい
posted by hankichi | 16:58 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
書評「格安航空会社」企業経営のテクニック
 格安航空会社企業経営のテクニック


3月に読んだ本でなかなかヒットだった1冊。
航空会社向けの本と思いきや、企業経営全般に通用しそうなテクニックが満載。

先日ロシアでプロペラ機が墜落し多くの方がなくなったというニュースが入り、飛行機はコワイと思った人も多かろう。そして、この格安航空機も、きっと不安だと思ってる方も多いはず。
しかし、破格の運賃のからくりは決して手抜きや安全をないがしろにしいてるからではなかった。徹底的な合理化こそが彼らの神髄だとこの本を読んでよくわかる。

ポイントは3つだ
〆拮瑤砲い燭襪泙任離灰好肇ット。
合理化。
2鹽称

企業経営、商店経営すべてに応用できるコツが結構書いてあって、ヒントになる。

TAK出版という超マイナー出版社だが、ぜひよんでみてほしい。

posted by hankichi | 16:56 | - | comments(0) | trackbacks(1) |
プロ野球開幕
 明日、いよいよ待望のプロ野球開幕となる。
毎年恒例の我が広島カープ戦評をさせていただきたい。

カープは1991年を最後に優勝をしていない。あれから21年も経過した。今年は最低でも3位以上。できるなら優勝を狙う。

☆明るい材料から。
前田健太が絶好調である。一昨年の沢村賞を取った年と同レベルで、今年はかなり行けそうだ。
外人投手バリントンサファテが今年も安定している。新入のミコライオも使えそう。
そして、新人野村が前評判通りの逸材であった。開幕三戦目に登板予定。制球力がすばらしい。


☆一方、厳しいのは打線だ。

オープン戦で打線は全く触れていない。打率2割台のオンパレード。
1・2番の東出梵はカープの目指すスピード野球ができるような選手でなくなった。
この貧打線に一年間泣かされ続けることとなろう。
救済策や特効薬はもはやない。現打線で粘り強くやるしかない。

打線の好材料と言えば松山がオープン戦で首位打者をとった。私も倉敷でのオープン戦で松山の本塁打を実際に見たが、スィングが早く全盛期の嶋を連想させた。ブレイクしてほしい

☆キーマン
キーマンはやはり新人野村だ。地元広陵高校出身で、期待も込めて。
高校時代に甲子園で佐賀北旋風のうらで涙をのんだ苦い経験を今年、カープではらしたいと本人以上に広島県民誰しもが思い願ってる。

明日から長いペナントが始まる。毎日が熱い。
posted by hankichi | 14:02 | - | comments(0) | trackbacks(4) |
めざまし土曜日リノベーション特集
 今朝のフジテレビめざまし土曜日で
リノベーション物件の特集をやっていた。

知人のブルースタジオ石井さんの作品とインタビューもあったりしたので思わず見てしまった。

番組の内容は、東京都心でのリノベーション物件の紹介だった。

分譲マンション1室を購入した後、部屋内を改装するという定番のモノから

築50年の物件の不動産のまるごと改装であるとか、

賃貸部門では、老朽化した賃貸マンションのオーナーが、居住者に思い切ったリノベーションを許可していて、賃貸なのに壁紙を勝手にはがしたり、造作をしたり。

総じて、都会的な暮らしぶりで興味を引くような感じだった。

賃貸でリノベを許可するというのは老朽化した物件で入居に困るのであれば、そういう貸し方もあるなと思った。
posted by hankichi | 09:18 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
ホリエモン獄中記録○刑務所なう
 堀江貴文ホリエモンの最新刊

刑務所なう


上場企業の社長から逮捕という人生のジェットコースターを体験した男が、このドン底を自虐的に笑いつつどう乗りこえていくのか……。閉塞感につつまれた現在の日本は、究極の閉鎖空間・刑務所からどう見えるのか――。
 笑いながらも、考えさせられる一冊! 有料メルマガ会員数日本一、Twitterフォロワー80万人を誇る異才の、初の獄中出版!
(本人ブログより)

この本、500ページもあるのに1050円という安さ。

獄中の悲惨な姿かと思いきや、ホリエモン流の軽い性格から、面白おかしく書かれている。

はっきり言ってビジネス書としては評価は☆一個だが、読み物としては悪くない。

へー刑務所ってこんな感じなんだと、勉強になる。(ただ、勉強しても入りたいと思う人はいまい)

影響力はある人だな、このホリエモンという人は。出所してもまた何か物議をかもしそうな気がする。
posted by hankichi | 09:14 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
3.11を終え
 3.11の追悼が全国で行われた昨日。

まだ、がれき処理や原発問題が解決されないまま一年がたった。

完全復興には全く至っていない。

思い起こせば去年の今頃、東日本の悲惨な状況や、関東地方のマヒした状態を見て、このまま日本はどうなってしまうんだろうかとあの時は思った。

☆☆

3.11以降に出版された本で


寺島実朗「世界を知る力」

震災以降の日本がどういう方向にあるべきか?
について、書かれた本である。

今、世界の経済はヨーロッパ発恐慌や、再び危険になりつつあるアフガン情勢など一触即発だ。

そんななかで、日本人の本当の美学をもう一度思い出して、上を向いて生きていきたい。

震災一年を迎えた今日、ぜひ読んでほしい一冊だ

posted by hankichi | 09:48 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
新型I PAD発表
 アップル社が新しいI PADの概要を発表した。

スペックの大幅向上のようだが、今回は買いではないと個人的には思った。

そのわけは、

I PAD発売時に感じたこの奇抜なデザイン発想が全くなかったこと。
それはそうだ。初代のI PADから今回まで色のバリエーションが増えただけ。
天才スティーブジョブズならではの独自性が発揮されていない。

ある一冊の本が先週発売され早くも売れている



成毛眞のスティーブジョブジ超解釈

この本、巷のアップルとジョブズの信仰を正面否定。

痛快な一冊だ。この本を読むと、今回のI PADのように
「アップルも大したことはない」と思ってしまう。

とはいえ、I PAD2を昨年秋に購入し、ビジネスシーンが大きく変わった私。

今後もこのタブレット市場の動向に私たちは翻弄されそうだ
posted by hankichi | 09:25 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
なでしこアメリカから勝利
 昨夜の女子サッカー、なでしこジャパンが強豪アメリカから勝利した。すばらしいの一言だ。

昨年の女子サッカーW杯で優勝したが、対アメリカには引き分けの末、PKで勝ったということで90分間の試合での勝利は20数年ぶり以上だという。

アメリカのサッカーはパワフル。

アメリカ人の食生活を見たらわかるが、身体はとてつもなく大きい。

そんな身体や脚から思い切りけられたボールは取れない。女子になればなおさら力差がつくはず。

一方、日本女子は力では負けているが、パスやセットなどの技術を訓練し持ち味にし、僅差で勝に行くプレースタイル。

昨日の試合、バーに助けられたシーンもあったりはらはらしたが、勝てて良かった。明日の決勝もこの調子で頑張ってほしい。
Check
posted by hankichi | 09:13 | - | comments(0) | trackbacks(1) |